• ホーム
  • 20歳に満たない人はプリリジーを服用できない!

20歳に満たない人はプリリジーを服用できない!

2020年02月18日

プリリジーは有効成分のダポキセチンが体内におけるセロトニンの濃度を調節するタンパク質の働きを阻害します。セロトニンは射精のタイミングを早めるとされる過剰な緊張や興奮を落ち着かせます。ダポキセチンの働きによってセロトニンの濃度が高くなると、興奮状態が抑えられるため射精に至るまでの時間が長くなります。

脳内においてセロトニンの濃度が高まると、緊張や興奮を強めるノルアドレナリンという物質の濃度が相対的に低下します。セロトニンとノルアドレナリンの濃度が調節されることで緊張と興奮が和らぎ、射精をコントロールできるようになります。プリリジーを服用すると効果的に早漏症を改善することができますが、20歳未満の未成年者は服用できません。その他にも65歳以上の高齢者やダポキセチンに過敏症があるなど、一定の場合には服用が禁止されています。女性は特に使用が禁止されてはいませんが、男性の早漏症を改善するための医薬品なので服用しても無意味です。

プリリジーには大きい副作用はありませんが、吐き気や眩暈などを感じることはあります。その他にも頭痛や口の渇き、下痢や疲労感などの副作用が存在します。立ちくらみや眠気、疲労を感じたり鼻詰まりになるケースも見られます。これらの副作用は基本的に軽微なものなので大きい問題はありません。ダポキセチンの影響でセロトニンの量が増加するのに伴って軽微な副作用が生じることがありますが、プリリジーの効果がなくなれば再び良好な状態に戻ります。

20歳未満の未成年者や65歳以上の高齢者はプリリジーの服用が禁止されています。また高うつ病や抗精神病薬な、セロトニンに作用する薬効成分を服用している場合も影響が大きいため併用が禁止されます。腎障害や眼圧が高い人、出血や血液凝固が起きたことがある人も影響が大きいので医師に相談する必要があります。プリリジーは女性が飲んでも基本的に問題はありませんが、服用が禁止される場合などに該当するときは影響が大きいので好奇心で服用しないよう注意が必要です。

プリリジーに含まれるダポキセチンは効果的に早漏症を改善してくれます。服用すると良好な状態で性行為を行うことができるようになりますが、20歳未満の未成年者など使用が禁止される場合もあります。早漏症は男性の代謝能力とも大きな関係があるので、医薬品に頼るだけでなく食生活などを改善することも大切です。より効果的に早漏症を治療するには、プリリジーの使用に加えて健康の増進を図り代謝を高める必要があります。