• ホーム
  • 心因性早漏はセックス中のストレスが原因?

心因性早漏はセックス中のストレスが原因?

2020年04月26日

心因性早漏は性に関することを妄想するだけで外的刺激がなくてもペニスが勃起してしまう症状ことです。この症状を患っている場合、ペニスに物理的な刺激を与えずに放置すると自然に性的興奮が収まります。ただし症状が悪化すると物理的な刺激がなくても性的な妄想だけで射精に至るケースが存在します。心因性早漏の偏印は性行為に関するストレスやトラウマなどです。過去のセックスで早く射精してしまい、コンプレックスを感じているような場合に発症しやすくなります。

未熟な性的経験がストレスやトラウマとなりコンプレックスを強く感じるようになった場合、心因性早漏を発症する可能性が考えられます。想像力が豊かな人は性的経験がなくても射精に至ってしまうことがあります。基本的に想像力が豊かであることは問題ありませんが、生活に支障をきたす場合には治療が必要です。根本的に症状を治すためにはストレスやトラウマなど、精神的な問題を解決しなければなりません。なるべくリラックスできる環境を作ることが重要です。

性行為に関するストレスやトラウマは心因性早漏の原因となります。未熟な性的経験によるトラウマがあると、次のセックスも失敗するのではないかと強い不安を抱えてしまうケースが見られます。不安は交感神経を緊張させるため、性的に興奮した状態になりやすくなってしまいます。過度のストレスを抱えることで緊張状態が続くと、症状をさらに悪化させることになります。射精を遅らせるためには脳内のセロトニン濃度を高めることが重要です。

心因性早漏を根本的に治療するためには、ストレスやトラウマの原因を解決する必要があります。精神的な負担を軽くすることが大切ですが、ダポキセチンを使えば一時的に早漏を改善できます。ダポキセチンは使用期間が長いほど効果が高まります。60mgの錠剤を初めて使用する場合は射精に至るまでの時間をおよそ3倍に延長できます。継続的に使用する場合は4倍まで延長することが可能です。

心因性早漏を患っている場合でも、ダポキセチンを使用すれば脳内のセロトニン濃度が高まり射精に至るまでの時間を3倍から4倍に延長することができます。ただしストレスやトラウマとなっている精神的な問題を解決しない限り、根本的な治療にはなりません。現代社会はストレスを抱えやすい環境なため、多くの男性が心因性早漏を患っています。症状の改善にはダポキセチンを使うのも有効な方法ですが、ストレスのない環境を作ることも大切です。