• ホーム
  • 包茎気味の人は過敏性早漏になりやすい?

包茎気味の人は過敏性早漏になりやすい?

2020年03月18日

早漏症には様々な原因がありますが、ダポキセチンを使用すれば原因に関わらず改善することができます。過敏性早漏とはペニスや周辺の皮膚にわずかな刺激を与えただけで敏感に興奮が大脳に伝わり、短時間で射精してしまう症状のことです。正常な人の場合には興奮が神経を伝わって大脳に到達してから射精の準備が始まります。過敏性早漏になるとペニスの神経が非常に敏感なため、大脳が性的な興奮を感じる前に物理的な刺激だけで射精してしまいます。脊髄にある射精中枢が物理的な刺激に反応して興奮がピークを迎えることが原因です。

過敏性早漏の人は大脳の興奮状態が不十分でも、自分の意思とは関係なく射精してしまいます。この症状は運動を頻繁に行う人や若者に多く見られる傾向があります。精神や身体に問題があるために起こるのではなく、性欲が旺盛で健康だからこそ起きると考えられています。仮性包茎の人は普段から亀頭が包皮に覆われているため、刺激に弱く過敏性早漏になりやすいという特徴があります。ダポキセチンを使えば亀頭の神経が過敏な仮性包茎の人でも早漏症を改善することができます。

包茎には真性と仮性の2種類があります。包皮を剥いても包皮口が狭いために亀頭を露出できなければ真性、露出できる場合は仮性と判断されます。亀頭が完全に露出できない場合でも包皮口がある程度広く、亀頭の先端部が見える場合は仮性包茎です。いずれも亀頭の粘膜が外部の刺激に晒されていないため刺激に弱くなります。真性の場合は亀頭包皮炎や尿路感染症などになる可能性があるため、保険を使って治すことができます。

仮性包茎は自ら皮を剥くことで亀頭の粘膜を露出させることが可能です。基本的に支障なく性行為ができ、健康上の問題もありません。ただし亀頭の粘膜が皮に包まれているため、外部からの刺激に弱くなる傾向があります。包茎手術専門の病院では自費による手術が行われています。手術を行い亀頭の粘膜を露出させれば、過敏性早漏を根本的に治すことができます。

仮性包茎以外にも過敏性早漏になる可能性があるのは自慰行為です。自慰行為の際になるべく早く射精をしようとすると、短時間で射精するのが習慣になってしまいます。自慰行為をする場合には、リラックスしてじっくりと時間をかけることが大切です。仮性包茎や自慰行為が原因で過敏性早漏となった場合でも、ダポキセチンを使用すれば効果的に症状を改善することができます。