• ホーム
  • プリリジーの正しい飲み方とタイミング

プリリジーの正しい飲み方とタイミング

2019年11月11日
相手と話したくないカップル

プリリジーは世界で初めて開発された経口摂取型の早漏症治療薬です。性行為前に水かぬるま湯で服用するだけで射精までの時間を延長する効果が期待できます。日本国内では未認可の医薬品ですが、ドイツやイタリアなどヨーロッパ諸国では早漏症治療薬として認可されており安全性と効果は確かです。性行為前に服用すれば、早漏までの時間を大幅に延長することができます。

プリリジーは性行為の1時間前に水かぬるま湯で1錠服用するのが基本的な使用方法です。性行為の際の興奮を抑えてくれるので、普段は我慢できない性的な刺激にも耐えることができるようになります。プリリジーを服用すると早漏が改善されるだけでなく、射精のタイミングをある程度コントロールすることができます。実際の効果の現れ方については個人差があります。一般的に服用してから1時間半ほどで血中濃度が最大となり、効果は5時間から6時間ほど持続します。

プリリジーを服用するタイミングは基本的に性行為の1時間前です。さらに30分ほど早く飲んでおけば、効果が最大限発揮されるタイミングで性行為に臨むことができます。次回の服用までに必ず24時間空ける必要があります。プリリジーの効果を最大限発揮するためには、正しい飲み方を守ることが大切です。食事の影響は特に受けないので、いつでも服用することができます。

プリリジーはアルコールと飲み合わせることもできますが、なるべくアルコールは避ける方が良いでしょう。アルコールを摂取していない状態の方が効果を正確に引き出すことができます。服用前はアルコールとの飲み合わせを避けるか、少量に留めておくことをおすすめします。プリリジーを飲んだ後も過剰なアルコールの摂取には注意が必要です。服用後に過剰なアルコールを摂取すると、必要以上に効果を強めることになります。

プリリジーは性行為の際の過剰な興奮を抑えて射精に至るまでの時間を延長してくれます。性行為のたびに飲み続けることで効果が増強されていきます。プリリジーを初めて使用した場合は射精に至るまでの時間が約3倍延長されます。継続的に使用した場合、約4倍まで射精に至る時間を延長する効果を期待できます。継続時間は摂取後1時間から6時間ほどで、有効成分の血中濃度が一定の水準を超えると効き目を実感できるようになります。

有効成分の血中濃度は1時間ほどで十分な水準となり、さらに30分ほどかけてピークを迎えます。十分な効き目を得るためには飲むタイミングが重要になります。性行為の1時間半前に水かぬるま湯で飲んでおけば、スムーズに効き目を実感することができます。