• ホーム
  • スーパーPフォースの服用方法と副作用

スーパーPフォースの服用方法と副作用

2020年01月19日

スーパーPフォースにはシルデナフィルが100mgとダポキセチンが60mg含まれており、EDと早漏症を同時に治すことができます。飲み方としては性行為の1時間前に水かぬるま湯で服用します。1錠だと用量が多いので半分に分割して服用するのが基本的な飲み方です。次回の服用まで24時間空ける必要があります。シルデナフィルは食事の影響を受けて効果が弱まるので空腹時に服用します。食後に飲む場合は2時間ほど間隔を空けて消化されるのを待ちます。

スーパーPフォースには100mgのシルデナフィルが含まれており、1回あたりの推奨用量は50mgです。半分に割ってから服用するのが基本的な飲み方となります。シルデナフィルの効果を最大限発揮させるためには、空腹時に服用するのが好ましいとされています。空腹時に服用すると用量に関わらず30分ほどで効果を実感できるようになります。即効性に大きな特徴があり、ペニスを勃起させる効果は5時間ほど続きます。

ダポキセチンは興奮を抑制する作用があるセロトニンの再取り込みを防ぐ働きがあります。神経伝達物質であるセロトニンは神経細胞の間を移動することで作用します。脳内で再取り込みが行われないと、より多くのセロトニンが働くため過度の興奮状態が抑えられることになります。

スーパーPフォースは安全な医薬品ですが顔のほてりや目の充血、下痢などの副作用が存在します。顔のほてりや目の充血、下痢などの副作用は軽微なものなので基本的に問題はありません。他にも口のかわきや頭痛、鼻詰まりや動悸などの副作用があります。吐き気や眩暈、起立性低血圧が起きたり疲労を感じるケースも見られます。

スーパーPフォースの副作用は顔のほてりや目の充血など軽微な症状がほとんどです。シルデナフィルには血管を拡張する作用があるため、血流が促進されて顔のほてりなどの症状が現れます。吐き気や眩暈はダポキセチンが消化管にあるセロトニン受容体に作用して発症します。これらの副作用はスーパーPフォースの効果に伴う一時的なものなので、薬の効果が弱まると自然に治まります。

スーパーPフォースは安全にEDと早漏症の両方を治療できる医薬品ですが、一定の場合には使用が制限されるので注意が必要です。シルデナフィルかダポキセチンに過敏症がある場合の他に脳梗塞や脳出血、心筋梗塞の既往歴が半年以内にある場合などスーパーPフォースを服用できません。抗うつ薬や抗精神病薬なども併用が禁止されています。健康上の不安がある場合には医師と相談する必要があります。